top of page

1部昇格がかかる決勝リーグ。APUとの一戦。

更新日:6月19日


1部昇格がかかる負けたら終わりの一線。長大の先発マウンドには前回の登板でAPUを6回、2失点と押さえ込んだ小林(壱岐)が上がる。


両者、安定した立ち上がりを見せ、3回までお互い譲らないまま終わる。


試合が動いたのが4回。1アウトを取るも6番打者にヒットを許し、続く7番打者に二球目のスライダーを捉えられ1死、1・3塁とピンチを迎える。

たが、ここを粘りきれず8番打者のタイムリーをキッカケに合計5失点を喫した。小林(壱岐)はここで無念の降板。変化球を狙われ、本来のピッチングをさせてもらうことはできなかった。


この場面で監督である浦辺(大村)が緊急登板。過去最高との呼び声高い投球で相手バッターをねじ伏せ、火消し成功。140km/hに迫る直球とスイーパーのコンビネーションで続く5回も無失点で切り抜けた。


その裏の長崎大の攻撃。先頭の松尾(長崎西)の四球を皮切りに後藤(舞鶴)のヒットなどで0死、2・3塁。打席には9番の荒木(長崎東)。振り抜いた打球は三塁線を抜け、反撃の2点タイムリーツーベースを放った。その後、澤山(長崎商業)にもタイムリーが飛び出し、この回に3点を挙げた。


タイムリーを放つ、荒木(長崎東)

そして試合は8回へと進み、長崎大の攻撃。1死から2番手、呉屋くんの直球を高木(別府鶴見丘)が完璧に捉え、ライトスタンドへのソロホームランを放つ。さらに、藤井(山口)が出塁し、松尾(長崎西)がリーグ戦初ヒットをライト前に放つ。1死から後藤(舞鶴)が打った打球がセカンド正面に行き、ゲッツーかと思われましたがこれをエラー。その間にランナーが生還し、この回、同点となる。


右本塁打を放った高木(別府鶴見丘)

試合は9回では決着がつかず延長へと突入した。


10回表、APUの攻撃。7番打者に四球を与え、盗塁を許し、1番打者にセンター前ヒットを放たれた。2死、1・3塁で、2番の小嶋くん。初球の直球を振り抜かれ、センターオーバーかと思われた打球。これをセンターの溝口(長崎西)がダイビングキャッチ。超絶ファインプレーでチームを危機を救った。


ファインプレー後の溝口(長崎西)

長大の裏の攻撃。先頭打者が出塁するも、まさかの牽制アウト。なかなか流れを引き寄せられない。そのままこの回は無得点でおわる。


11回の表。先頭打者がエラーで出塁すると続く打者が送り、1死3塁で5番打者に回る。ファーストゴロで打ち取った打球も、三塁ランナーがゴロゴーを仕掛け、バックホームするも間に合わずセーフ。結局この得点が決勝点となり、5-6で敗戦。勝てた試合を落とし、俺たちのリーグ戦が終了した。


この日を堺に、監督の浦辺(大村)、投手の濵田(大村)、一塁手の松尾(長崎西)、二塁手の春田(東筑)が引退となった。


彼らの分まで必ず1部へ行く。絶対に行くんだ。

閲覧数:270回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page